金利政策で 住宅ローン 不安!125%ルール解説

住宅ローン 金利125%ルールとは?メリット・デメリットを徹底解説

125%ルールは、変動金利型 住宅ローン の金利見直し時に適用されるルールです。金利上昇によって毎月の返済額が大幅に増加することを防ぎ、家計の安定を守るために設けられています。

仕組み

  • 変動金利型 住宅ローン は、契約時に設定された金利期間(一般的には5年)ごとに金利が見直されます。
  • 金利見直し時に、適用金利が上昇した場合でも、毎月の返済額は最大でも契約時の返済額の125%までしか上がらないというルールです。

メリット

  • 金利上昇による家計への負担を抑制できます。
  • 将来の金利上昇リスクを軽減できます。
  • 家計の安定性を保ち、安心して返済を進められます。

デメリット

  • 返済期間が長くなる可能性があります。
  • 支払総額が増える可能性があります。
  • 金利上昇リスクを完全に回避することはできません。
  • 適用外のネット銀行があります。

125%ルールの適用例

  • 契約時の返済額:10万円
  • 金利見直し後の適用金利:上昇
  • 125%ルール適用後の返済額:12万5000円
住宅ローン

125%ルールと金利上昇リスク

125%ルールは金利上昇による家計への負担を軽減できますが、金利上昇リスクを完全に回避することはできません。金利が大幅に上昇した場合、返済額が125%を超える可能性もあります。

125%ルールを利用する際の注意点

  • 金利上昇リスクを理解した上で利用する。
  • 返済期間が長くなる可能性を考慮する。
  • 支払総額が増える可能性を考慮する。

125%ルールは、金利上昇リスクを軽減したい 借り手にとって有効な選択肢です。 利用する際には、メリットとデメリットを理解した上で、自身の状況に合った住宅ローンを選ぶことが大切です。

参考情報

  • フラット35 金利: https://www.flat35.com/kinri/
  • 住宅ローン金利: [無効な URL を削除しました]
  • 住宅ローン選びのポイント: [無効な URL を削除しました]

その他

  • 125%ルールは、金融機関(ネット銀行)によって適用条件が異なる場合があります。
  • 125%ルール以外にも、金利上昇リスクを軽減する方法はあります。

125%ルールについて更に詳しく知りたい場合は、各金融機関に問い合わせてください。

Print Friendly, PDF & Email
  • コメント: 0

関連記事

  1. 不動産業界とゴルフの関係性とは?

  2. 池尻大橋の建築中マンション 先行募集開始!

  3. 池尻大橋 東山小学校通学内 新築賃貸 コモド目黒東山

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

賃貸物件紹介




Home » 特集ブログ » 金利政策で 住宅ローン 不安!125%ルール解説