お知らせ

池尻大橋 で マイホーム購入 ! 地震 に対する 危険度 を教えて!

 
1. 最近、地震が多いのでは??

池尻大橋  地震 地盤 マイホーム購入 高層マンション 下がり傾向

池尻大橋  地震 地盤 マイホーム購入 高層マンション 下がり傾向つい昨日の10月7日夜の地震・・・東京23区で震度5強。

10年前の超巨大地震を思い出すほどの揺れを感じて

首都直下型地震?と思われた方は多いのではないでしょうか?

近年いろんなところで

「今後30年以内に、南関東でマグニチュード7クラスの地震が起きる確率は70%」と

言われて不安が募るばかりでが、最近地震が多いのは確かです。気象庁地震月報

 

2. 地震でマイホーム倒壊したら

天災地震でマイホームが倒壊してしまったら住宅ローンはそのまま支払うことは残ります。

1995年の阪神・淡路大震災や2011年の東日本大震災で

火災や津波で家が流されて滅失しても住宅ローンが残ってしまい。

被災者が経済的破綻に追い込まれたのが現実でした。

各ガイドラインによる火災・地震保険等があるものの充分に再建できる水準には満たないものがほとんどで

保険の加入も十分に勘考するべきです。

 

3. マイホーム購入するなら地盤や危険度を知っておこう

池尻大橋は目黒区と世田谷区・渋谷区との境に位置する住宅地。

西郷山公園や世田谷公園など緑も豊富な閑静な住宅街も多いところです。

その昔は、不動産を購入するときには神社やお寺が近いところは地震や津波につよい。

「地盤がしっかりしている」と言われていました。

目黒区と世田谷区で池尻大橋近郊の地形は、全域に台地が分布して目黒川などが流れる地形です。

また地盤としては杭あたりがいい関東ローム層が広く分布しており住宅地盤として良好な住宅地と言えます。

 

4. 池尻大橋の地域地震危険度の測定調査

それでは肝心の地震に対する「危険度!」は池尻大橋周辺はどうなんでしょうか?

池尻大橋の目黒区地域

02-10304

建物倒壊危険度=極めて危険度が低い1ランク。

祐天寺地域・上目黒地域・中目黒地域は2~3とやや危険度があります。

原因としては地域的に木造住宅が多い数字と言えます。

火災危険度=1ランク~2ランク。ここでもやはり祐天寺地域・上目黒地域・中目黒地域は2~4。特に上目黒の4は気になります。

災害活動困難度=1~3ランクと4もありでやや災害活動困難度はややきびしいのかな?という感じです。

ここでも上目黒地域・祐天寺地域・駒場地域ランク4もあり厳しいですね。

総合危険度=ランクは1。極めて危険度が低いと判定されて数字的には非常に安心感があります。

地震に関する目黒地域危険度測定調査(東京都都市整備局)

 

それでは池尻大橋の世田谷地域

建物倒壊危険度=極めて危険度が低い1~2ランク。

三宿地域は2~3とやや危険度があります。

やはりここでも原因は地域的に木造住宅が多い数字と言えます。

火災危険度=1ランク~3ランク。池尻~三宿に関してはやや厳しい数字も出ています。

災害活動困難度=1~3ランクと4もありでやや災害活動困難度はややきびしいのかな?という感じです。

総合危険度=ランクは1。極めて危険度が低いと判定されて数字的には非常に安心感があります。

地震に関する世田谷地域危険度測定調査(東京都都市整備局)

5.地震から見たマイホーム購入は戸建てか!マンションか!

池尻大橋  地震 地盤 マイホーム購入 高層マンション 下がり傾向

地震や災害から見たマイホーム購入は、

建て! Vs  ンション!

戸建ては、もし建物が全倒壊してしまっても土地の価値があるのでローン返済や建て替えには担保価値で有利と言えます。

マンションは近年の建築技術や耐震構造がしっかりと構築されてきているので倒壊の危険は薄いです。

ただ一部倒壊で補修等が必要としたときに組合決議が必要となりますので意見や考えが相反してしまうケースも多くみられ復旧に時間がかかるともいわれています。

また、高層マンションに至っては、大雨による停電で問題が大きくクローズアップされた「武蔵小杉の高層マンション」問題。

これがきっかけとなり、数年首位を守つた「住みたいまち人気ランキング」から今ではランク外に転落。

高層マンションの弱点が見せられたようです。

昨日の地震においてもエレベーターの復旧がなかなかできずにいることが高層マンションの弱点をあらわにしてしまいました。

私の会社の周りも人気高層マンションがありますが

ここのところ賃貸に転用したり、売却が増えていると感じますが原因は????です。

6.マンションはだめなの?・・そんなことはありませんヨ!

マンションも購入するときに前文でも見たように地盤や地震危険度をしっかりと見ていれば安心できます。

マンションは関東ローム層まで支持杭がはいりますので地震に強くコンクリート建築だけに隣地火災にも強いといえます。

先ほど比較をした管理組合やエレベーターなどの設備復旧は管理会社がしっかりしているところであれば賄える項目です。

マンションは前面道路幅員がその規模を表すように道路が広い=路線価が高いということで建て替えの際には資金面は心配ないといえます。ここでも建て替え決議は必要ですが先ほど話した管理組合がしっかりしていると安心です。

7. 池尻大橋のマンション売却・購入するときは日本デルタ不動産にお任せください

日本デルタ不動産は大手不動産デベロッパーとの共同開発も多数経験しているだけに

創業34年、豊富な経験と実績キャリアでマンション・戸建て・土地等、不動産全般の売却・購入を安心してサポートを受けられます。

大手仲介不動産会社と一緒に活動しますのでスピード売却・購入が強みです。

これまでの実績で売却しづらいマンション(敷地一部売却による既存不適格)なども多数売却実績ありです。

まずはご相談は無料にて秘密厳守。

売却査定も約10分と驚きのスピードで的確に提出します。

投資用不動産も金融商品取引業免許を取得していますので他ではない視点を感じていただけます。

まずはお気軽にお問い合わせを→日本デルタキャピタル株式会社

 

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。